不妊治療で授かる命|我が子を抱くその日まで

看護師

妊娠率を高めるために

妊娠は奇跡

医者

人間は動物の中でも妊娠率が低いと言われています。身体に問題がなかった場合、タイミングが合えば80%近くの割合で受精はします。しかし、受精したからと言って妊娠するとは限らないのです。着床までにまた確率は減り、約20%程度の確立でしか妊娠成立しません。妊娠してもまた数割の確立で流産してしまったり、胎児に問題があり死産になってしまったりと様々な難関があるのです。まず、妊娠自体奇跡ということを頭に入れておきましょう。夫婦生活を定期的に行っていてタイミングを計っているのにも関わらず1年以上妊娠しない場合は不妊治療を考えても良いかもしれません。女性は特に年齢によって妊娠のリスクが高くなりますので注意しましょう。

原因は何か

不妊治療を受ける前にまずは何が原因で妊娠しないのかのチェックをします。そこで原因が分かればそれに対応した不妊治療が行えるのですが、実際には原因不明の場合が多いというデータも出ています。原因不明の場合はまずはタイミングを計ることから始めるケースが多いでしょう。排卵日に受精しなければ妊娠はしません。特に生理不順の方は自分の排卵日を特定出来ていない場合が多いですから、病院でタイミングを計ってもらった方が確実に排卵日を狙うことが出来るでしょう。不妊治療の前に身体のリズムや生活習慣を整えることも大切です。特に女性の身体はデリケートですから、ストレスなどでもホルモンバランスが崩れやすいのです。身体と心を整えることから始めましょう。