不妊治療で授かる命|我が子を抱くその日まで

看護師

環境の大事さ

男女

子供を作る環境は非常に大事となっています。近年は、夫婦双方とも仕事をされていて、なかなか二人で共に過ごす時間が少なくなってきています。また、週末も仕事という方も多くおられて、更に時間がない状態となっています。こうしたことにより、すれ違いが多くなりがちであります。結婚されて、毎日共に寝室で時間を過ごすこととなりますと、大抵は数ヶ月で妊娠されると思います。しかしながら、近年はまだ子供を作らない、仕事に専念する方もいます。京都においても、この傾向は見られ、同時に年齢が過ぎていきますので、不妊治療を必要とする方も増加している傾向であります。子供が欲しいと思った頃には、なかなか出来ない、不妊治療を受けなくてはならないことが生じている現状です。

不妊治療をされる方の特徴としては、本当に子供が欲しいと思っておられる方がほとんどであります。このような方については、日常の生活面から、子作りに適した環境を作るために日々勤められています。食事についても、大いに気をつけられています。京都に居住されている方も、不妊治療に通いながら、克服のために日々過ごされている方がいます。京都においては、市街地よりも、田舎にお住いの方の方が不妊治療を克服される可能性が高くなっています。これは、京都だけでなく、全国的にも言えることですが、やはりどれだけリラックスした環境を作り出せるかにかかっていると思われます。自然の中で過ごすことで、心身ともにリラックスして、子作りに励めば、可能性は上がるとされています。